なぎさブログ

高校水泳部(水球) 中国新人 試合結果

大会名:第7回中国高等学校新人水泳競技選手権大会(水球の部)

日時:令和元年 101920日(土・日)

場所:山口県立西京高等学校プール

結果:広島なぎさ・舟入45 県工

   広島なぎさ・舟入419関西

   広島なぎさ・舟入014修道

 

【顧問より】

 今回の中国新人も、市立舟入高校と合同チームで出場しました。県工戦では、本校の磯邉くんがCゾーンから綺麗なハンツーでシュートを決めました。夏休みから足入れの練習を強化している結果が出たと思います。あと一歩というところまで迫りましたが、あと一点が取れませんでした。関西戦では、本校の宮元くんがミドルレンジからシュートを決めました。ミドルからのシュートは距離もあり難しいのですが、腰を浮かせて見事強烈なシュートを決めました。本校のオフェンス二枚看板が見事得点を決めてくれました。修道戦では、良い角度からのシュートが何回かあったのですが、相手チームのGKの好セーブに阻まれました。本大会で、今シーズンの公式戦は終了です。冬にしっかり泳ぎこみ、泳力を強化したいと思います。

 

 

 

更新日:2019.10.21 Monday | カテゴリー:水泳部(高校)


伊江島研修旅行(最終日)

4泊5日の伊江島での生活も、いよいよ終わりです。

 8:00発の船で伊江島を離れました。

別れの際には感極まって涙が止まらない生徒も多く、伊江島での生活が充実していた事を感じました。

 603028B7-FADB-4B05-B420-40BC5CD35109.jpg

23CF4135-52D4-4C93-B048-DD067EE598C4.jpg

各民泊先の方との記念ショット

 862B48F7-CCAD-4C88-B1DD-8ADC12305298.jpg

全員で記念撮影

 

みんな別れを惜しんでいました

 0EAA9FF8-06DA-4242-8D56-B28BF4406101.jpg

「さよなら」を言わない別れです

生徒はまた伊江島に帰ってくる事でしょう

おとう、おかあ、おじい、おばあが見えなくなるまで手を振っていました

 この伊江島で人の温かさを改めて感じ、今後の人生に大きく役立つ機会になったと思います

 

 

更新日:2019.10.21 Monday | カテゴリー:5年生


後期始業式

本日より後期開始です。秋休みはどの学年も行事がありましたが、充実した生活が送れたでしょうか。後期始業式では、後期からの過ごし方を中心とした話がありました。6年生は受験がいよいよ目の前に迫ってきています。残された時間を大切に使ってください。1〜5年生も、まだ先のことと思わず、今できることに一生懸命取り組みましょう。

 

校長.JPG

校長先生:吉野彰先生がリチウムイオン電池の開発でノーベル化学賞を受賞したことをあげ、勉強することの意義について話されました。

 

次世代教育推進部長.JPG

次世代教育推進部長 斉藤先生:各学年ごとに受験に向けての心構えを話されました。

 

生徒部長.JPG

生徒部長 堀江先生:今話題のラグビー日本代表を例にルールやマナーを守ることの大切さについて話されました。

更新日:2019.10.21 Monday | カテゴリー:行事


第32回高校生英語スピーチコンテスト(姫路獨協大学主催)

10月6日(日)、兵庫県姫路市の姫路獨協大学が主催する第32回高校生英語スピーチコンテストが行われました。

 

初めてのスピーチコンテストに緊張.JPG

本校からは5年3組伊藤美月さんが予選を通過した15名の代表の一人として、この大会に出場しました。プラスチックごみによる環境問題を、ごみ輸出大国である日本の責任、私たちの責任という視点から、世界の人々とのつながりを力強いスピーチで訴えました。定期考査の期間も残って熱心に練習に励みましたが、本番では思った以上に緊張し、練習の成果を十分に発揮できず、残念な結果となりました。しかし、他校の高校生の個性的な考え方、素晴らしい英語力、コミュニケーション力に触れ、非常に良い刺激になったと思います。機会があればこのような挑戦をこれからもしていきたいと伊藤さんは語っていました。

 

 

更新日:2019.10.21 Monday | カテゴリー:-


5年生 台湾研修 第7日目

2019年10月17日木曜日

とうとう最終日です。
宿舎である銘傳会館ともお別れです。
毎朝少しずつ違う、台湾らしい家庭料理を美味しくいただきました。
午前中、小籠包作りを体験しました。
簡単に見えて、手際良く包むにはコツがいりました。みんな真剣な眼差しでした。

764E89F0-A418-44FA-B4FA-8159895BC9C1.jpg

 

8A31FA91-9CAC-48F9-8E63-A7E1F5206E36.jpg


小籠包を蒸して頂いている間に、地元のスーパーマーケットを見学しました。日用品は日本製の物が多く売られていました。
昼食は、自分で具を包んで作った小籠包を食べました。自分たちで作ったものは、より美味しく感じました。これが台湾での食べ納めです。ごちそうさまでした。


その後、台北桃園空港へ行き、この台湾研修旅行で毎日お世話になった現地ガイドの陳さんに感謝の気持ちを伝えてお別れです。
この一週間、送り出してくださった保護者の皆様、旅行会社さん、ガイドさん、運転手さん、交流を深めた地元の高校生、大学生、チャイナエアラインのCAさん、そして温かく私たちに接してくださったたくさんの台湾の人たち、ほんとうにありがとうございました。謝々。

63B40088-B4AA-4158-819F-83ED1D8525CB.jpg

 

505F5DBC-248C-4734-BB47-A903D05E24F5.jpg

更新日:2019.10.21 Monday | カテゴリー:5年生


5年研修旅行 ドバイコース 6日目・最終日

5年研修旅行 ドバイコース
◎6日目(10月17日)
 いよいよ最終プログラムに突入しました。午前中はドバイ旧市街の散策でした。博物館見学、渡し舟乗船後、現地の方からスパイスの説明を受け、金の展示を見たりしました。昼食後、JAFZA(ジュベル・アリ・フリーゾーン公社)へ移動しました。誰もが入れる場所ではありませんが、現地ガイドの方々のご尽力とこれまでドバイ研修旅行に参加した先輩方の実績もあって実施できました。本校ドバイ研修旅行目玉のプログラムです。ドバイが注力する経済の流通について英語で説明を受けました。かなり速い英語での説明でしたが、生徒はしっかり耳を傾け、積極的に英語で質問をしていました。その後、コンテナヤードの見学を経て、イブンバットゥータモールへと移動。各班に別れて仲間と協力しながらドバイの数々の世界一を写真におさめるというオリエンテーリングを行いました。各班とも知恵をしぼり、限られた時間内で、地下鉄やモノレールに乗って移動しながら写真撮影しました。その後モールで最後の買い物を楽しみ、ホテルへと帰りました。普段行うミーティングの予定を変更し、エミレーツ航空のCAの松岡さんを迎えて講演していただきました。松岡さんのご講演は、このドバイ研修旅行の開発者である畑中教諭の高知県での教員時代の教え子というご縁を通じて実現されたものです。松岡さんの現在のお仕事の話や学生時代の話、学生時代にやっておけばよいことなど、生徒にとって自分の進路を考える上で参考となるお話ばかりでした。質疑応答も盛んで、生徒は疲れを忘れるほど松岡さんのご講演に夢中になっていました。講演が終わった後は休む間もなく、スーツケースのパッキングをしてドバイ空港に向かいました。

旧市街散策(ドバイ博物館)
JAFZA(質疑応答)
オリエンテーリング出発点(世界一美しいスターバックス)

松岡さん講演会
===================================

◎最終日(10月18日)
 ドバイ空港に到着し、研修旅行期間、お世話になった寺本さんと田中さんとの別れに名残惜しさを感じつつドバイを後にしました。そして21時54分、多くの保護者と田中慎一郎高校教頭の出迎えを受け、滞りなくドバイ研修旅行を終えました。
 「百聞は一見に如かず」の言葉どおり、実際に現地を訪れ、ドバイの人や自然、経済を目の当たりにし、参加者全員の心に大きな感動を残したことは確かなようです。解散の際の生徒の表情を見るにつけそのように感じました。当然、参加直前まで何度も実施した事前学習があったからこそ、深まりのある学びになったのだと思います。ドバイでの学びが、研修旅行に参加した生徒たちの今後の進路の指針になればと願ってやみません。若いうちに世界を見て、自分たちの国を俯瞰的に見ることこそ、海外研修旅行の醍醐味ではないかと感じました。創造力を働かせて新しい波を国内に起こす生徒、日本を飛び出して世界を股にかけて活躍する生徒など、参加者一人一人の未来の姿を想像すると私たちの心も踊ります。本校では、帰るまでが研修旅行ではありません。帰ってからも研修旅行は続きます。研修旅行報告会でどのように自分たちの学びを全体に伝えるか、まだまだ研修旅行は続きます。その報告会の生徒の様子を楽しみにしつつ、ドバイ研修旅行報告の筆をおきます。
ドバイ空港にて(現地ガイドの寺本さんと田中さんといっしょに)
広島駅到着

更新日:2019.10.20 Sunday | カテゴリー:5年生


伊江島研修旅行(5日目)

伊江島研修旅行(5日目)

 

今日は終日、各民泊先での活動

夜は全員集まってバーベキューを行いました

 

今日の活動は料理を作ったり振る舞ったりしたところが多かったようです。

 6D4C1F29-0798-4890-B6C4-852B5E4E3916.jpg

沖縄の定番サーターアンダギーを作りました

 4A4A46C7-4461-4865-8A71-44DE59B54A10.jpg

こちらの家庭では、蒸しパンを作りました

 4DFD4831-0B1D-42EB-B639-8D46A524C598.jpg

夜のバーベキューは、雨を心配して屋内で行いました。

(結局、雨は降りませんでしたが…)

 9942A3D2-C6B2-4BF4-BA88-B9115F94C7F5.jpg

最後に、きのう一昨日と練習した琉球舞踊と三線を民泊先の方へ披露して、拍手喝采でした。

 

いよいよ明日の朝、伊江島を離れます。

今日は、伊江島での最後の夜を名残惜しく過ごす事でしょう。

更新日:2019.10.20 Sunday | カテゴリー:5年生


伊江島研修旅行(4日目)

 

今日も昨日に引き続き午前中は各民泊先での活動、午後は全員で集まって三線の練習でした。

この2人は家で三線を教えてもらっており、午後の三線の練習前にすでに演奏できる状態でした。

 22F0D32E-CEFA-4B97-9589-310B7727B848.jpg

23501108-553F-406D-B528-3C7F3D5E577D.jpg

今日は、一昨日以上に陽射しが刺すように痛いくらい天気が良い一日だったので、午前中に民泊先に訪ねても不在の家が多く、外での活動が多かったです。

 

2家庭が港で釣りをしていました。

 5E8C3AE6-91B0-4144-9CE3-2918A874D96A.jpg

66F7D6FA-F150-4B33-8F86-D2A418622443.jpg

見事に釣れました。

昨日は、これより大きな魚を釣った生徒もいたようです。

 

 

 

更新日:2019.10.20 Sunday | カテゴリー:5年生


2年奈良京都研修旅行 4日目

最終日である今日は、コース別研修を行いました。それぞれが10のコースの中から1つを選び、京都ならではの体験をしてきました。


京都鉄道博物館見学


落語・町歩きコース


京都町家体験


狂言体験


友禅染め体験


天龍寺で座禅体験


京料理体験



充実した時間を過ごした京都を出発し、夕方広島に戻って来ました。

解団式の様子


4月から準備をし、楽しみにしてきた研修旅行も今日で終わりました。この期間に学んだことをこれからの学校生活に活かして欲しいと思います。4日間で集団として、個人として成長したこともたくさんあります。

そして研修旅行で見たもの感じたものを、来月の文化祭でたくさんの人に伝えましょう。

更新日:2019.10.18 Friday | カテゴリー:2年生


5年生 台湾研修 第6日目

今日は、義守大学の日本語学科の学生との交流会からのスタートでした。

温かいもてなしと歓迎を受けました。

8CB972B5-EA1E-417D-9A5F-00779962197D.jpg

 

CED3609A-E2ED-4116-A33C-B2DB5B4A833B.jpg


中国語と日本語の両方で『陽のあたる坂道』を歌ってくださいました。
わたしたちも、広島なぎさ高等学校や広島についての説明を日本語と英語で行いました。

中島みゆきさんの『糸』を心を込めて歌い、みなさんに喜んでいただきました。

83DFE7B2-83CE-4C83-8D12-2A55FD804009.jpg

 

872AC00C-42D6-4DFD-BA49-08E2EF74D363.jpg


大学生やお世話になった方々が最後まで手をふってくださり、別れを惜しんだ後は、仏光山へ向かい壮大な大仏の前で記念撮影をしました。

 

D93A066B-9879-4203-9D92-44C06B480A1F.jpg

 

その後、蓮池潭へ向かいました。
竜の口から入り虎の口からでると厄払いになるパワースポットです。

9F16D7AE-C6C8-431D-9409-348935FD9ACB.jpg

 

明日はいよいよ最終日です。
最後まで気持ちを引き締めつつ台湾の思い出を胸に刻みたいものです。

更新日:2019.10.18 Friday | カテゴリー:5年生


< 教員採用情報 > 新卒者・現職者・海外からの帰国者など、秀逸な教員を募集しています。詳しくはこちら

クラブ

↑ページの先頭へ