なぎさブログ

中高茶道部 秋風茶会

中高茶道部 秋風茶会
 秋晴れの10月6日、縮景園で秋風茶会が行われました。
 今年は浅野氏広島城入城400年の記念の年です。上田宗箇も浅野氏とともに来広しているため、茶道・上田宗箇に関する催しが多く行われており、秋風茶会もその一環として9〜10月中頃まで、週に3〜4日ほど縮景園の清風館で開催されています。今回はそのうちの一日の茶席を、広島工業大学高等学校の皆さん、広島なぎさ同窓会茶道部の皆さんとともに、上田宗箇流の茶道を学ぶ鶴学園のメンバーでつとめました。
 当日は海外からの観光客の方を含め、大変多くのお客様にお越しいただきました。縮景園・清風館でお茶会をさせていただいたという経験を活かして、部員一同、今後のお稽古にもしっかりと精進していこうと思います。

なぎさ同窓会の茶道部のみなさんと
広島市の中心部とは思えないほど静かな場所です

更新日:2019.10.15 Tuesday | カテゴリー:茶道部(中高)


中高茶道部 和菓子作り体験

中高茶道部 和菓子作り体験
 茶道部では夏休みなどの長期休暇に、普段の放課後のクラブ活動ではなかなか経験のできない茶道にまつわる様々な体験活動を取り入れています。今年は7月23日に、旬月神楽より和菓子職人の明神先生をお招きし、和菓子作りを体験しました。
 先生が和菓子をつくる様子はとても簡単に見えますが、実際はとても繊細な手の動きと力加減が必要で、とても難しいです。部員たちは試行錯誤しながらも和気あいあいと取り組み、とても涼しげな季節の和菓子を2種類作りました。
先生の説明を一生懸命に聞きます
とても繊細な作業です
教わった通りにチャレンジ
涼しげな季節の和菓子が完成

更新日:2019.07.25 Thursday | カテゴリー:茶道部(中高)


中高茶道部 茶摘み体験

中高茶道部 茶摘み体験

日 時:令和元年512日(日)

場 所:鶴学園 八千代校舎

 

【顧問より】

 毎年恒例の茶摘み体験に、今年度は中高あわせて25人の部員が参加しました。八千代校舎の茶畑に到着した部員たちは、さっそく手分けして新芽を摘み取りました。摘んだばかりの新芽はその場で蒸して手揉みをし、乾燥させ、持ち帰ります。今回が最後の参加となる5年生が中心となって、摘み方や手揉みの仕方を後輩たちに丁寧に教えていました。昼食に八千代校舎の窯で焼いたピザを美味しくいただいた後は、部員同士で点てたお茶もいただきました。午前中から汗ばむほどの陽気となりましたが、いつもお稽古をしている作法室以外の場所で、茶道にまつわる貴重な体験ができた一日となりました。

 

絶好の茶摘み日和となりました.JPG

絶好の茶摘み日和になりました

 

和気あいあいと取り組んでいます.JPG

和気あいあいと取り組んでいます

 

ザル一杯に摘み取りました.JPG

ザルいっぱい摘み取りました

更新日:2019.05.14 Tuesday | カテゴリー:茶道部(中高)


縮景園敬老茶会

9月16日。

茶道部は縮景園で催された敬老茶会に参加しました。

一つ一つの所作に気持ちを込めます

 

このお茶会は上田宗箇流と表千家、裏千家の学校が三年交代で担当しながら今年で36回目を迎えた歴史あるお茶会です。今年は上田宗箇流の学校が担当となっており、本校茶道部からも代表の高校生5名が参加しました。和風堂の道具を使わせていただくことも、縮景園でのお茶席に参加できることも、他校の茶道部と協力しながらお茶会を催すことも大変貴重な機会です。
この日に向けて主人、点前、点出それぞれが一生懸命稽古に励んで本番に臨み、来場された方々に感謝の気持ちを込めて、お茶とお菓子を振る舞いました。本番の雰囲気と緊張感には敬老茶会ならではのものがありましたが、この貴重な経験を活かし、他の茶道部員たちと共に今後も稽古に精進していきたいと思います。

 

更新日:2018.09.18 Tuesday | カテゴリー:茶道部(中高)


中学茶道部 数寄屋袋づくり体験

今日の茶道部は数寄屋袋づくり体験を行いました。

使わなくなった着物の帯を利用して、一つ一つ手縫いで仕上げていきます。

 

おそらく日常生活で裁縫をする機会は少ないのでしょう、男子部員も女子部員も、途中で糸が緩くなってしまったり、縫い方を間違えて最初からやり直したりと、たくさん苦労はしましたが、頑張って完成させました。

 

 

形を整えるためアイロンをかける手もぎこちなかった午前中に比べると、午後にはそれぞれ大きな成長が見られました。夏休み後のクラブ活動で、今日作った数寄屋袋にお茶の道具を入れお稽古に臨むのがとても楽しみです。

 

 

 

更新日:2018.08.22 Wednesday | カテゴリー:茶道部(中高)


中高茶道部 茶杓づくり体験

茶道部では夏休みのクラブ活動の時間を利用して、普段のお稽古ではなかなかできない、茶道にまつわる体験活動を行っています。今日は長野佳嗣先生をお招きし、竹を削って茶杓を作る活動を初めて実施しました。

長野先生から茶杓の説明をしていただいき、さっそく削り始めますが、小刀を扱うので、皆、真剣そのもの。

 

 

厚みの調節や微妙な曲線を作り出すため、力加減を意識しながら削り終えたあとは、オリジナルの銘や花押も考え、茶杓筒に筆で記入し完成しました。

 

完成までに丸一日かかりましたが、それぞれが思いを込めて丁寧に削った世界に一つだけの茶杓となりました。

 

 

 

 

 

 

更新日:2018.08.21 Tuesday | カテゴリー:茶道部(中高)


中・高茶道部 茶摘み体験

茶道部では茶室でのお稽古だけではなく、茶道にまつわる様々な体験も取り入れながら活動しています。今日は八千代校舎にある茶畑へ、毎年恒例の茶摘みに行きました。摘んだ茶葉はその場で蒸しますが、蒸すと茶葉の緑色が一気に鮮やかになり、新茶の良い香りが漂ってきます。その後、手分けしてしっかり手もみをし、乾燥させて持ち帰りました。雨の降る一日でしたが、八千代校舎の豊かな自然を五感で感じた一日となりました。

 

協力して手もみをします

 

茶葉を蒸すと本当に良い香りがします

 

今年度の参加部員

 

 

更新日:2018.05.14 Monday | カテゴリー:茶道部(中高)


和菓子づくり体験

8月22日(火)、茶道部では夏休みを利用して、茶道にまつわる様々な体験活動をしています。今年度も旬月神楽より和菓子職人の明神宣之先生を本校にお招きし、和菓子づくりをご指導いただきました。和菓子は味わいだけでなく、目で見て季節感を楽しむことができます。しかし実際に作ってみると、その繊細な色合いを表現するのはとても大変でした。普段のお稽古でいただく和菓子を自分たちで手づくりすることで、作り手がどのようにして、そしてどのような想いを込めて一つ一つ手作りをしているかを知ることができました。

 


先生の手のひらの上で和菓子が魔法のように形づくられていきます

 


微妙な力加減が難しい…

 


完成しました

 


上が「夏の夜の宮島」をモチーフにした和菓子、下が「夏菊」という名の和菓子です

更新日:2017.08.23 Wednesday | カテゴリー:茶道部(中高)


中高茶道部 茶摘み体験

少し前のことですが、茶道部からの活動報告をお伝えします。

日 時:平成29年5月14日(日)
場 所:八千代校舎


【顧問より】
八千代校舎に茶畑があり、新緑が美しいこの時期に毎年茶摘みを行っています。今年度は2年生から5年生までの21名が参加しました。摘んだお茶の葉はその場で蒸し、しっかりと手もみをして、乾燥させたあと各自持ち帰りました。茶道部では普段のお稽古以外にも様々な体験を取り入れながら活動しています。

 


指の腹を使ってやさしく摘みとります

 


しっかり手もみをすると、新茶の良い香りがします

更新日:2017.05.23 Tuesday | カテゴリー:茶道部(中高)


卒業茶会(茶道部)

昨日の放課後に茶道部の6年生による卒業茶会が作法室で行われました。茶道部の毎年恒例の行事で、お世話になった校長先生をはじめ学年団の先生、教科担当の先生方を招待してお茶をふるまいます。この日のために自分たちでデザインをしたお菓子を用意して、6年間の感謝の気持ちを込めて点てたお茶を楽しんでいただきました。

 

DSC_5882.JPG

お茶をふるまう様子です

 

DSC_5871.JPG

「きせき」と名付けた自分たちでデザインしたお菓子です

 

DSC_5942.JPG

最後はみんなで記念撮影です
 

更新日:2017.03.15 Wednesday | カテゴリー:茶道部(中高)


< 教員採用情報 > 新卒者・現職者・海外からの帰国者など、秀逸な教員を募集しています。詳しくはこちら

クラブ

↑ページの先頭へ