なぎさブログ

創造国際:森の授業

創造国際:彩・森の授業で、工場見学をしました。場所は本校のすぐ近く、もみじまんじゅうで有名な株式会社 藤い屋 五日市みなと工場『IROHAvillage(いろはビレッジ)』です。こちらでは、「学び、楽しみ、味わう」をテーマに工場と畑の見学ができます。畑で、小麦の脱穀・唐箕を使った体験をしたり、お菓子の材料が育ててあり、説明をしていただいたりしました。もみじまんじゅうの生地やあんに対するこだわり、味に対する自信、職人さんへの想い、素材への感謝など、もみじまんじゅうを支えるすべてのモノ、人、環境を大切にしていることを理解することができたようです。おいしい焼きたてのもみじまんじゅうをいただき、大満足の授業となりました。

 

たわわに実ったアーモンド.jpg

たわわに実ったアーモンド

 

上手に唐箕を使っています.jpg

上手に唐箕を使っていました

 

生産ラインにくぎづけでした.jpg

生産ラインにくぎ付けでした

 

甘いものは人を笑顔にします.jpg

甘いものは人を幸せにします

更新日:2019.06.29 Saturday | カテゴリー:1年生


1年生 人間LHR「わたしメッセージで伝えよう」

 現在、1年生が人間LHRで学んでいる単元は、「わたしメッセージで伝えよう〜気持ちの伝え方〜」です。今日の授業では、相手を否定する言葉は心へのダメージがとても大きいことを改めて実感しました。そして、相手を肯定する「褒める」言葉の重要性に気付きました。一見、短所に見えるようなことでも、見方を変えれば長所にもなります。自分も相手も大切にし、自分に対しても相手に対しても肯定的な言葉がけをすることの大切さを学びました。


なぜ相手を傷つける言葉を使ってしまうのか、客観的に振り返っています。

 

自分が言われてうれしい言葉をまとめています。

 

自分が言われると嬉しい言葉たち。クラスの中で増えていくといいですね。

 

更新日:2019.06.03 Monday | カテゴリー:1年生


中学1年生 大縄跳び練習

今週の土曜日は体育祭です。

中学1年生は、初めての体育祭ということもあって、大変気合が入っている様子です。

体育の授業を覗いてみると・・・

IMGP0954.JPG

大縄跳びの練習をしていました。

 

昼休憩のグラウンドを覗いてみても・・・

IMGP0960.JPG

ここでも大縄跳びの練習中です。

 

中学校に入学して1カ月半が経とうとしています。

クラスメイトとも打ち解け、楽しく学校生活を送っている姿が見られます。

体育祭まであと4日。クラスの団結力が試されますね。

更新日:2019.05.14 Tuesday | カテゴリー:1年生


新入生オリエンテーション2日目

 4月12日(金)。1年生の新入生オリエンテーション2日目です。朝の清々しい空気の中、藤原先生の「校歌を歌おう!」の言葉に続いて、1年生の歌声が山々に響き渡りました。乗馬体験では、初めて間近で見る馬に少し戸惑っている生徒もいましたが、乗馬の後には「とても温かかった」「目線が高くて気持ちがよかった」などの言葉が飛び交っていました。NAPでは、様々なアクティビティを行い、仲間と協力することの大切さ、楽しさを学びました。大縄跳びは、1クラス2つのチームに分かれ、18人で大縄を跳びました。なかなか連続して跳ぶことができずに苦戦し、各グループ話し合いを重ねていました。この大縄跳びは5月に行われる体育祭の種目の1つです。練習を重ね、長く跳べるようになってほしいと思います。

 この新入生オリエンテーションの中で学んだこと、仲間と深めた絆を、来週からの学校生活に生かしてほしいです。

乗馬体験 目線の高さに驚きました

NAP さあ、僕の手につかまって!

NAP みんなで協力してパイプにボールを転がそう

大縄 なかなか全員で跳べません

大縄 どうしたら跳び続けることができるかな

更新日:2019.04.12 Friday | カテゴリー:1年生


新入生オリエンテーション1日目

 4月11日(木)1年生の新入生オリエンテーションが始まりました。まずは、校長先生から校祖鶴虎太郎先生がどのような思いで学校を創立されたのかを聞きました。そして、バスに乗り、大自然に囲まれた沼田校舎に到着しました。午後からの「からだ元気」では、めいっぱい体を動かした後、正しい座り方を意識することの大切さを学びました。集合の仕方、持ち物の管理、時間の意識など、一つ一つを身につけていき、明日へつなげてほしいと思います。

 

からだ元気 タオルを足で渡すことができるかな

 

 

正しい座り方を教えていただきました。

 

食堂のおばちゃんの手作り。揚げたてのトンカツ、いただきます!

 

トンカツには、「I ♡ なぎさ」と書かれていました。

 

夜の班長会議にて。

 

更新日:2019.04.12 Friday | カテゴリー:1年生


1年生 ガイダンス

 49日(火)、1年生は午前中、シェルホールに集まり、広島なぎさ中学校での生活や学習についてのガイダンスを受けました。学年主任の藤原先生は、「入学したときの新鮮でワクワクした気持ち、『初心』を忘れずに過ごしてほしい。そして、『良きマナー』を身につけて、全員が安心し楽しく学校生活を送ってほしい。」というお話をされました。さらに、生徒部長の堀江先生からは、なぎさ生としての様々なルールを説明していただきました。守るべきルールは沢山ありますが、これらはすべて一人一人の大切な命を守るためのものだと教わりました。校歌の練習では、さわやかな歌声がシェルホールに響き渡りました。午後からは、理科室や音楽室、食堂や駐輪場まで、校内の様々な場所をめぐりました。学校、先生、友達のこと、新しいことがたくさんありますが、早く学校生活に慣れてほしいと思っています。

 

学年主任 藤原先生からのお話

 

生徒部長 堀江先生からのお話

 

さわやかな歌声がシェルホールに響き渡りました

 

校舎案内 桜はまだまだ咲き誇っています

更新日:2019.04.10 Wednesday | カテゴリー:1年生


平成最後の入学式です

4月6日(土)、本校の桜が新入生を待ちわびていたように本日満開となり、入学式を迎えることができました。

DSC_0501.JPG

 

DSC_0500.JPG

 

14時からの式のため、お昼過ぎごろからちょっと大きめの制服に身を包んだ新入生や保護者の皆様が集まり始めました。

 

DSC_0482.JPG

 

DSC_0488.JPG

 

DSC_0552.JPG

 

 

 

 

DSC_0534.JPG

 

DSC_0526.JPG

 

式では管弦楽部と合唱部のミニコンサートが開かれ、校長先生からは1人ひとりを大切に育てていきますと新入生を迎える言葉がありました。

 

DSC_0581.JPG

 

DSC_0606.JPG

 

DSC_0613.JPG

 

DSC_0620.JPG

 

DSC_0636.JPG

 

式の後は各教室で新しい担任の先生によるクラス開きが行われました。自己紹介では緊張で顔が引きつっている新入生もいたようですが、和やかな雰囲気の中、広島なぎさ中学校での最初の一日を終えることができました。今日から6年間は人生の中で一番身も心も成長する時です。そのかけがえのない6年間を我々教員一丸となってサポートしていきますので、今後ともよろしくお願いいたします。

 

DSC_0722.JPG

 

DSC_0746.JPG

 

 

更新日:2019.04.06 Saturday | カテゴリー:1年生


1年生学年レク

今日の1年生のLHRでは、学年レクを行いました。競技は、柔らかい素材のフリスビーを投げ、当たった人は外野からの攻撃に移るという、ドッチボールとフリスビーの要素を合わせた「ドッチビー」です。当たっても痛くない!そしてフリスビーを上手にコントロールよく投げ、キャッチしなければならないという、ドッジボールとはまた違った面白さもあります。1つのコートで2枚のフリスビーが用意され、2枚あることに苦戦しながらも、それらをそれぞれのクラスで工夫して使っていました。
このクラスのメンバーと同じ目標に向かって力を合わせる機会も残りわずかとなってきました。残された時間を楽しみながら、さらに絆を強め、次の学年へとつなげてほしと思います。

更新日:2019.02.25 Monday | カテゴリー:1年生


「わたしにできること」1学年人間

2月4日(月)。この日1年生は、渡部朋子氏(特定非営利活動法人ANT-Hiroshimaの理事長)をお迎えし、

”わたしにできること”について一緒に考えてみました。

この授業に先立って行われた”世界の食卓”では、ビスケット15枚を手にした生徒と、1枚にも満たないかけらしか口に入らなかった生徒が同じ教室で過ごす、という体験がありました。

そのときの想いを渡部朋子さんやみんなの前で率直に語ってくれました。

 

また、次の機会には、DVD「はだしのゲンが伝えたいこと」を視聴し、マンガ家:中澤啓治さんの訴える平和の尊さ、戦争のない原爆のない世の中を作り上げようという想いをくみ取りました。

このDVDは、渡部朋子さんが「あの日広島で何が起こったのか、記録がいるなぁー」ということから、生前の中澤さんを訪ね実現したインタビューが編集されたものでした。

 

広島城へ出かけたら、皮1枚で生きているクネクネの被爆ユーカリに「こんにちは」と声をかけ、ぜひ会ってあってほしい。

そして、「よぉー生きとったねー。」とハグしてほしい。

現在161本の被曝樹木が、生きている。「樹は、人間より長く生きる。生きた証人なんよ。」

 

渡部朋子さんの言葉一つ一つが、生徒の心に深く残り、『わたしにできること』を考える良きヒントになりました。

更新日:2019.02.04 Monday | カテゴリー:1年生


レモン収穫

今年の初夏,校内に植えたレモンの木から

 

1年生がレモンを収穫しました。

 

レモンを日常で見かけることが多い一方で,

実際にどのようにできているのかを見たことがない生徒も多くいます。

 

だからこそ,自分たちで収穫することで色々なことに気づいて欲しいと思います。

 

収穫したレモンは,4年生がジャムに加工し,

2年生がティーパーティーのもてなしに使用します。

 

学年を越えて活用していく,新しいなぎさのシンボルツリーです。

 

ティーパーティーの際に,どのように使われるのか,今から楽しみです。

 

IMG_2507.JPG

校舎に植えたレモンの木です

 

IMG_0429.JPG

収穫の様子を記録に残しています

 

IMG_1028.JPG

収穫の瞬間です

 

IMG_2508.JPG

一つずつ大事に収穫しました

 

 

更新日:2018.12.06 Thursday | カテゴリー:1年生


< 教員採用情報 > 新卒者・現職者・海外からの帰国者など、秀逸な教員を募集しています。詳しくはこちら

クラブ

↑ページの先頭へ