学校法人鶴学園 広島なぎさ中学校・高等学校

なぎさブログ

6学年 学年集会

4月16日(月)1時間目、永尾和子校長が2つのテーマについて受験生186名に話しをされました。1つ目は、デカルトが提唱した命題「Congito ergo sum(我思う、故に我有り)」やNHKで放送されたTED「ロボットは大学入試に合格できるのか(東京大学新井紀子氏)」を取り上げ、私たち人間は自分で考えない限り理解したことにはならない、そしてAIと対比しながら考えることの大切さを諭されました。2つ目は新約聖書にある「Ask, and it will be given to you; seek, and you will find; knock, and it will be opened to you.」を紹介され、自身の受験体験談や大学生活体験談を交えながら、「夢は形を変えても実現はできる、諦めなければ戸は開く」ことを熱く語られました。4月ももう半ば、受験に向けてさらにやる気を奮い立たせる時間を共有することができました。

 

吉田兼好の徒然草の一文を用いて、「理解する」とはどういうことなのかを説明されました

 

時間の限り、生徒の目を見て応援のメッセージを送られました
 

更新日:2018.04.16 Monday | カテゴリー:6年生


3年生 理事長講話

3月19日(月)、中学卒業式を明日に控えた3年生に向けて、鶴衛理事長先生から講話がありました。鶴学園の教育の歴史や、建学の精神である「教育は愛なり」に込められた思い、そして、明治維新から150年目となる今年に際して歴史を紐解き私たちが学ぶべきことについてお話しいただき、これからの新しい時代に活躍べく3年生に力強い激励のメッセージをいただきました。
お祝いと激励の言葉をくださる鶴理事長先生

更新日:2018.03.19 Monday | カテゴリー:6年生


高校 卒業式

3月2日(金)、広島なぎさ高等学校第53回卒業証書授与式が本校体育館で行われました。前日までの強い風も収まり、暖かな日差しに春の気配が感じられるなか、卒業生は管弦楽部の演奏で入場しました。校長から一人ひとりに卒業証書が手渡され、卒業生代表の答辞では6年間の思い出が述べられました。中学に入学してから経験した様々な行事や学習を振り返りながら、ともに過ごし支えてくれた先生方、家族、在校生へ、心を揺さぶる力強い言葉が届けられ、思わず涙をこぼす姿が見られました。体育祭や文化祭の行事では、先輩としての心配りにすぐれ、様々な場面で後輩を支えてくれる心優しい学年でした。ともに競い支えあったクラスメートと集う教室も今日で最後。各HRでは懐かしいエピソードや、先生・家族・友人への思いを語り、いつまでも名残が尽きない様子でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

更新日:2018.03.02 Friday | カテゴリー:6年生


卒業式予行演習

3月1日(木)、前夜に春一番が吹き、一気に温かな日を迎えることができました。6年生は5時間目に登校し、同窓会入会式、そして皆勤賞や精勤賞、外部団体賞の表彰を受けました。6時間目からは5年生と共に卒業式予行演習を行いました。予行とは言え、生徒一人一人から緊張感が漂っていました。残りの高校生活があと1日であることを感慨深く感じているようでした。明日10時から、卒業式が本校体育館で執り行われます。高校生活最後の学校行事です。皆で華やかに6年生を送り出しましょう。

 

日本私立中学連合会会長賞を受賞した塚本はるなさん

 

第20回高校生新聞社賞を受賞した牧野森くん

 

1組の入場練習、間隔を確認しています

更新日:2018.03.01 Thursday | カテゴリー:6年生


6年生 センター試験

1月13日(土)、6年生は今日がセンター試験1日目です。小雪がぱらつく寒い朝でしたが、心配をしていた雪の影響もなくこの日を迎えました。試験会場は学校行事で何度か使わせていただいていることもあり、生徒は大きな心配もなく適度な緊張感のもと会場入りしていました。会場には校長先生、副校長先生を始め学年団の先生方が激励に訪れ、生徒は元気と勇気をもらい今日の試験に臨んでいきました。 この日に向けて努力を重ねた6年生の健闘を祈ります。

 

先生方が会場で迎えてくれました

 

受け付け直前にアドバイスをもらっています

 

毎年恒例(!?)の儀式でゲンを担いでいます

更新日:2018.01.13 Saturday | カテゴリー:6年生


大学入試センター試験壮行会

いよいよ明日から、2日間にわたって大学入試センター試験が行われます。本日はそれに先立ち、壮行会が開かれました。

 

まず、校長先生から激励のお言葉がありました。そして進路部長の植田先生による、笑いを交えたセンター試験の諸注意がありました。お話を聞いているうちに、生徒たちは自分がやってきたことを思い起こしたのでしょう。自信に満ちた表情になっていきました。最後は、2人の生徒が音頭をとり、「エイ エイ オー !」で会を締めました。

 

6年生の皆さんへ。みんな貴方たちを応援しています。明日からの2日間、持てる力を全て出して、試験に臨んでください。
 

1.jpg

進路部長より

 

2.jpg

「エイ エイ オー !」

更新日:2018.01.12 Friday | カテゴリー:6年生


6年学年集会

10月30日(月)、6年生は最後の学年集会があり、校長先生と佐々木先生からお話をいただきました。校長先生からは、なぎさ生として多彩な行事を経験してきたことを活かして、社会から求められる「モデルを創造できる人(=フロントランナー)」になってもらいたいという思いを、そして、佐々木先生からは自分がどう見られているかということを意識し、場にふさわしい身だしなみや振る舞いをして欲しいという思いをいただきました。なぎさ生としての生活もあと5ヶ月。なぎさから飛び立ち、新たな世界へ進んだ後もこの言葉を忘れずにいて欲しいと思います。

 

6年生最後の学年集会

更新日:2017.10.30 Monday | カテゴリー:6年生


6年進研マーク模試

9月21日・22日、6年生は進研マーク模試がありました。模試は、今の自分の実力の把握、そして、今の自分に足りないものの発見に非常に有効です。結果の良し悪しも大事ですが、それ以上に出来なかったところが何故出来なかったのかを具体的に考えることが重要です。来週には大学入試センター試験の出願が始まります。センター試験本番まで4ヶ月を切りました。限られた時間を有効に活用して、精一杯走り抜けてください。頑張れ6年生!

 


みんな頑張っています

更新日:2017.09.21 Thursday | カテゴリー:6年生


6年生頑張れ!

急に朝夕が涼しくなり、日が沈む時間も随分早くなってきました。そのような中、本校の6年生フロアは夜になっても電気が煌々とついています。その理由は、夏休み明けより6年生対象に平日は夜20時まで教室で自習することを許可しました。土曜日は18時まで開放しており、毎日沢山の生徒が教室に残って自習しています。行き詰った時には担当の先生に質問することもできるので、生徒には大好評です。6年生の皆さんがそれぞれの志望校に合格できるよう応援しています。

 

DSC_9913.JPG

6年生の教室からやる気があふれているようです

 

DSC_9888.JPG

みんな真剣に机に向かっています

 

DSC_9885.JPG

廊下のテーブルで勉強している生徒もいます
 

更新日:2017.09.01 Friday | カテゴリー:6年生


人間LHR(6年)

6月29日(木)に行われた6年生の人間の授業を紹介します。今、6年生は複数回に分けてホームレス問題について学んでいます。この日はNPO法人「Homedoor」代表の川口加奈さんに講演をしていただきました。川口さんは14歳のときボランティアに参加したことをきっかけにホームレス問題に出会い、19歳で「ホームレス状態を生み出さない日本」を目指してHomedoorを設立されました。現在はホームレスの人や生活保護受給者の就労支援活動に取り組み、自転車のレンタル事業「シェアサイクルHUBchari」を運営しています。ホームレスの人や生活保護受給者に対する偏見やホームレス状態から抜け出すことの難しさをはじめ、実際にホームレス問題に向き合って取り組んでいる人ならではのお話をたくさん聞くことができました。川口さんの「知ったからには知ったなりの責任がある」という言葉は印象に残った人も多いのではないかと思います。さまざまな社会問題に触れ、自分に何ができるかを考え、それを明日への行動につなげて欲しいと思います。そして、みんなが小さなことからでも社会に奉仕していける人になって欲しいですね。

 


Homedoor代表、川口加奈さん

 


貴重なお話をたくさん聞くことができました
 

更新日:2017.06.30 Friday | カテゴリー:6年生


クラブ

↑ページの先頭へ