なぎさブログ

6学年 学年集会

4月16日(月)1時間目、永尾和子校長が2つのテーマについて受験生186名に話しをされました。1つ目は、デカルトが提唱した命題「Congito ergo sum(我思う、故に我有り)」やNHKで放送されたTED「ロボットは大学入試に合格できるのか(東京大学新井紀子氏)」を取り上げ、私たち人間は自分で考えない限り理解したことにはならない、そしてAIと対比しながら考えることの大切さを諭されました。2つ目は新約聖書にある「Ask, and it will be given to you; seek, and you will find; knock, and it will be opened to you.」を紹介され、自身の受験体験談や大学生活体験談を交えながら、「夢は形を変えても実現はできる、諦めなければ戸は開く」ことを熱く語られました。4月ももう半ば、受験に向けてさらにやる気を奮い立たせる時間を共有することができました。

 

吉田兼好の徒然草の一文を用いて、「理解する」とはどういうことなのかを説明されました

 

時間の限り、生徒の目を見て応援のメッセージを送られました
 

更新日:2018.04.16 Monday | カテゴリー:6年生


< 教員採用情報 > 新卒者・現職者・海外からの帰国者など、秀逸な教員を募集しています。詳しくはこちら

クラブ

↑ページの先頭へ