なぎさブログ

越後妻有 6日目(最終日)

深夜から雪が降り出し、朝起きると一面の雪景色でした。早起きして、雲海を見ようと頑張った人もいました。
 午前中は「まゆびと」作りワークショックです。「まゆびと」とは蚕のまゆを使ったアート作品で、この辺りではかつて養蚕をされていたそうです。地元で活躍しておられる、「まゆびと」作りに携わる方に指導していただき、それぞれ2体ずつ製作しました。個性あふれる「まゆびと」でいっぱいになりました。
 昨日のお別れ会会場の「農舞台」に移動し、地元の食材を生かしたビッシェを楽しみ、その後まつだい駅に向かいました。この間に何軒かの農家さんがお別れ、お見送りに来てくださり、涙が出てしまう場面もありました。
 時の経つのはあっという間で、ほくほく線に乗り、別れを惜しみつつ雪の降り積もる越後妻有を後にしました。
 農家さんからは、かつて訪れた先輩たちが大学合格の報告や農家さんたちに会いに来たと伺いました。この温かく学び深い場所は、これまでの先輩たちと同様に、きっとそれぞれの生徒にとっての第ニのふるさとになったのではないかと思います。
 

 

 

「まゆびと」を集中して作っています。個性あふれる「まゆびと」ができました。

 

 

 

越後妻有最後の食事です。大地の力を感じました。

雪の越後に別れを告げ、無事、帰途につきました。


 

 

 

更新日:2019.12.29 Sunday | カテゴリー:5年生


< 教員採用情報 > 新卒者・現職者・海外からの帰国者など、秀逸な教員を募集しています。詳しくはこちら

クラブ

↑ページの先頭へ