なぎさブログ

3年タイ交換留学(9)

3連休明けの今日は、世界遺産アユタヤー観光です。タイの歴史に興味のある生徒たちは、非常に楽しみにしているようでした。まずは、ラーマ5世が過ごしたバンパイン宮殿を訪れました。美しく大きな庭園のなかにある、西洋風の建物や中華風の建物を見学しました。見学の際に厳しい服装の規定があるのを知ったり、兵士が厳重に警備している様子を見たりすることで、日本との違いを感じてもいるようでした。

 

その次に、アユタヤー遺跡群の観光を行いました。テレビや雑誌にもよく登場する有名なお寺や遺跡を巡るなかで、タイの人々の信仰の深さを垣間見ることができました。また、遺跡の破壊の様子から、アユタヤーの繁栄とビルマ(現ミャンマー)との戦いの歴史を感じることもできました。

 

カセサート附属学校の先生たちの心遣いにより、昼食はリバーサイドレストランで食事を楽しみ、帰りにはアユタヤー名物の「ローイサイタイマイ」というお菓子をお土産にいただきました。普通の観光旅行ではない、心温まる、そして、深くタイを知ることのできる研修となりました。

 

P1050443.JPG
パンパイン宮殿にて。タイ王室の権威を感じました。

 

 

P1050507.JPG

ワット・マハタートにて。戦争の悲惨さを知るとともに、タイ仏教の神秘も感じました。

 

 

遺跡群巡り。よく歩き、よく登り、疲れましたが、そのぶん得られるものがありました。

更新日:2017.07.31 Monday | カテゴリー:3年生


< 教員採用情報 > 新卒者・現職者・海外からの帰国者など、秀逸な教員を募集しています。詳しくはこちら

クラブ

↑ページの先頭へ